• JS CSV読み込みjQueryで表示
  • HTML5のFile APIを使ってローカルのCSVファイルを取り込み、加工できる状態にするスクリプトです。 下記のようなカンマ区切りのファイルをローカルに置き、ボタンを押して読み込んでください。 A,B,C 1000,2000,3000 (拡張子は.csvでお願いします。) ボタンとエラーなどの情報を出力するHTMLを配置します。 <
  • 2018-04-08 17:45:28
  • JavaScript 値のチェック
  • 値をチェックをする際のサンプルです。 入力値や引数で、数字や文字列だけあるいは指定の記号を扱いたいときがあります。 すぐにifで分岐を作れるよう例文を用意しました。 数字のみの判定を作りたいとき function valCheck(val) { if (val.match(/^[0-9]+$/)) { return true; } return false;
  • 2018-01-16 21:42:47
  • jQuery 処理の実行
  • jQueryのコードを読み書きするときに、ほとんどの場合登場するのですが、 意外と手も頭も覚えてくれませんので、メモ書きを残しておきます。 よくあるのが該当のタグやid、class要素がないのに実行してエラーになったりします。 以下はすべてHTMLのドキュメントが準備できたら実行開始されます。 $(document).ready(function(){ });
  • 2017-12-29 17:36:18
  • python CSV読み込み
  • pythonでCSVの読み込みをする際のサンプル。 import csv with open('csv/data.csv', 'r') as f: list = csv.reader(f) for row in list: print row エクセルなどの場合一行目はデータ名の場合があるので、一行目を飛ばす場合。
  • 2017-12-24 22:50:40
  • python 変数
  • python基礎です。変数についての記述はこちら。 追加情報があれば更新していきます。 変数をセット 文字列 hoge = "こんにちわ はじめまして" print(hoge) 文字列 改行 hoge = "こんにちわ\はじめまして" print(hoge) 数値 i=100
  • 2017-12-24 22:10:02
  • CSS3 震える表現
  • 画像や文字がアニメーションすると、どうしても見てしまいます。 縦と横それぞれに揺らす表現は以前紹介しました。 縦と横の動きを混ぜることで、シャッフルするような表現ができます。 .demo_div{ width: 80px; height: 80px; animation: furu 2.2s infinite; background-c
  • 2017-12-18 21:42:54
  • jQuery 指定の高さを超えたらボタンを表示
  • 文章のデザインを組んでいる時に、高さを抑えたい場合がたまにあります。 スクロールをつけることもありですが、他に以下のように隠れた情報は、ボタンを押すと出てくるという表現はいかがでしょうか。 $(function(){ //テキストをチェック var i = 0; $('.demo_txt').each(function() { sHeight =
  • 2017-12-16 16:21:44

top