jQuery 処理の実行

jQuery 処理の実行

jQueryのコードを読み書きするときに、ほとんどの場合登場するのですが、 意外と手も頭も覚えてくれませんので、メモ書きを残しておきます。

よくあるのが該当のタグやid、class要素がないのに実行してエラーになったりします。

以下はすべてHTMLのドキュメントが準備できたら実行開始されます。

$(document).ready(function(){

});

$(function(){

});

jQueryの記述を省略したものが$マークなので、しっかり以下のように記述したものも同様です。

jQuery(document).ready(function() {

});
jQuery(function(){

});

以下はHTMLを読み切った後スタイルや画像などウィンドウ内のすべての要素を ロード完了したら実行開始します。

$(window).load(){
}

こちらを使うと高さなどが定まるのでスクロールなどが滑らかになったりします。

2017-12-29 17:36:18

関連するサンプル

人気記事ランキング

© 2018 kipure
Top