定番
履歴

JS URLクエリ取得

JS URLクエリ取得

URLから情報を取得するときの例です。

URLについているパラメータ情報だけでなく、JavaScriptでURLからいろいろな情報を得ることができます。

location.href

URL全体。


location.host

ホスト名のみ。サブドメインを含む。

このページでいう「www.kipure.com」の部分。 スラッシュはつかずポート番号があればつく。
location.port

ホストのあとに「:」でポート番号。「8080」など。


location.protocol

プロトコル。httpやhttpsの部分。以降するときとかに、意外と重要かも。


location.pathname

パスの名前。ホストの後のスラッシュ以降。「?」以降のクエリはつかない。サーバー上のファイルの位置のような感じ。

location.search

「?」以降の情報。変数と値の組み合わせで、ページの内容を出しわけるのが一般的。


location.hash

「#」以降の情報。IDに向けたページ内リンクをするときが一般的。

リンクを飛ばしたくないときにとりあえず「#」をつけるサイトもある。(ちょっと気持ち悪い)


$(location).attr('hoge');

jQueryでクエリ情報をとる場合はこんな感じ。


そして、特定のクエリの値を取得する場合はこんな感じ。
var keyword = '';
var match = location.search.match(/hoge=(.*?)(&|$)/);
if(match) {
    keyword = decodeURIComponent(match[1]);
}

//hoge=この後に続く文字列を取得します
console.log(keyword);

2018-01-09 23:45:03
このページの二次元コード

関連するサンプル

人気記事ランキング

© 2018 kipure
Top