CSS3 スクロールバーのスタイル

CSS3 スクロールバーのスタイル
スクロールバーを自分の好きなスタイルに変更するときのサンプルです。

最近、CSSでoverflow:scrollとしてスクロールバーを表示させる手法が手軽になりました。

しかし、スクロールバーのデザインはブラウザに依存していて、ページのテイストに合わない場合があります。

そんな時は以下のようにスタイルを指定して、幅や色、角の大きさなどを変えることができます。

Google Chrome、Safariに対応していますので、iOS,Androidのブラウザでも使えます。

普通にoverflow-y:scrollを指定した場合

固定の高さに対して
はみ出すくらいの
文字が入る想定

固定の高さに対して
はみ出すくらいの
文字が入る想定

固定の高さに対して
はみ出すくらいの
文字が入る想定

固定の高さに対して
はみ出すくらいの
文字が入る想定

さらにスタイルを指定した場合

固定の高さに対して
はみ出すくらいの
文字が入る想定

固定の高さに対して
はみ出すくらいの
文字が入る想定

固定の高さに対して
はみ出すくらいの
文字が入る想定

固定の高さに対して
はみ出すくらいの
文字が入る想定

共通部分とカスタマイズする部分のスタイル

div.demo{
	padding:10px;
	margin: 10px;
	height:100px;
	width:200px;
	overflow-y:scroll;
	background: #EEE;
	box-shadow: inset 2px 2px 2px #CCC;
}

/* カスタマイズする部分 */
.my_scroll::-webkit-scrollbar{ 
    width: 10px;
}
.my_scroll::-webkit-scrollbar-thumb{ 
    background: #00F;
    border-radius: 10px;
}
.my_scroll::-webkit-scrollbar-track-piece:start{
    background: #CCF;
}
.my_scroll::-webkit-scrollbar-track-piece:end{
    background: #DDD;
}

最近のブラウザでは、ページ閲覧時にスクロールバーが表示されないオシャレ仕様の場合があるので、存在感を出す必要がある場合は、使ってみてはいかがでしょうか。

2018-03-11 13:22:29

関連するサンプル

人気記事ランキング

© 2018 kipure