定番
新着
履歴

jQuery Cookieで表示回数制限

jQuery Cookieで表示回数制限

1日1回だけ、要素を表示したいときのコードのサンプルです。

複数の訪問やページを行き来して何度も表示したくない時によくCookieが重宝されます。

応用すれば月や年単位も可能ですし、1日3回までというコントロールもできます。

頻度を制御することから、フリークエンシーコントロール(フリコン)と呼ばれることもあるようです。

今回の場合は、画像の表示、非表示をコントロールします。

以下サンプルです。


一日一回だけ表示します。
閲覧しなかった
ことにする

クッキーの値から判定の結果:

更新

まず、画像のは非表示の状態をデフォルトにしておきます。

そして、クッキーを読み込みます。

var view_switch = $.cookie('demo_view');

もし、表示済なら画像を出さず、非表示の文言を上書きます。

$("#demo_img").html("今日は表示済みなので
画像はでません"); $("#demo_img").show(); $("#switch_view span").html("閲覧の記録があります");

もし、一度も表示してなければ、非表示だったものを表示して、クッキーに記録。有効期限を1日にします。

$("#demo_img").show();
$.cookie('demo_view', 1, { expires: 1 });
$("#switch_view span").html("閲覧を記録しました");

以上でおしまいですが、クッキーを消してもう一度確認できるようにボタンを用意しました。

$.cookie('demo_view', '');
$("#switch_view span").html('閲覧をなかったことにしました');

簡易的ですが、これで「お知らせ」「告知」などに応用できると思います。

以下サンプルの実行です。


2017-09-03 22:01:16
このページの二次元コード

関連するサンプル

人気記事ランキング

© 2018 kipure
Top